くらし情報『たけし、さんま、所…お笑い老害ビッグ3“時代錯誤発言”連発で呆れ』

2019年11月11日 17:30

たけし、さんま、所…お笑い老害ビッグ3“時代錯誤発言”連発で呆れ

ビートたけし

(C)まいじつ

平成が終わり「令和」という新しい時代を迎えた今、悲しいことに〝平成に取り残されてしまった〟大物芸能人たちがいるという。明石家さんま所ジョージ、そしてビートたけしの3名だ。全員自らの看板番組を持ち、お笑い芸人という枠を超えて活動する〝日本の宝〟ともいうべき存在なのだが、昨今のテレビ番組における発言で、視聴者から反感を買い集めているようだ。

11月2日から3日にかけて放送された『FNS27時間テレビ日本のスポーツは強いっ!』(フジテレビ系)に、ビートたけしがMCとして、明石家さんまがゲストとして出演した。

「批判が集まったのは、たけしがラグビー日本代表選手らとともにトークする場面。史上初のベスト8に進出し、大いに盛り上がった『ラグビーW杯2019』でしたが、中でも大活躍したドレッドヘアがトレードマークの堀江翔太選手に対し、たけしは『奥さんよく一緒になってくれたよな、子供作る気にならないだろ』と、いつもの調子で容姿をイジりました。この失礼な発言に対し、視聴者からは『こういう発言で笑えないし笑いたくない』『たけしはモウロクしてきたのでは?このままボケていくたけしを見るのはつら過ぎる』などと、批判の声が上がっています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.