くらし情報『浜崎あゆみ『M 愛すべき人がいて』の“朗読”にツッコミ殺到!』

2019年11月12日 10:32

浜崎あゆみ『M 愛すべき人がいて』の“朗読”にツッコミ殺到!

浜崎あゆみ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

11月8日、YouTube上で歌手の浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』の「ビジュアル・オーディオブック」が公開された。劇中歌に浜崎のファーストアルバム『A Song for ××』、セカンドアルバム『LOVE ppears』の曲を使い、ヒット曲『appears』『Boys&Girls』などに彩られながら小説が朗読される〝アニメーション風作品〟に仕上がっている。

この動画は小説のクライマックスとなる第5章「Mとの別れ」を映像化し、1999年、日本を席巻するトップスターとなった浜崎と、当時の恋人であるエイベックス会長の松浦勝人氏との別れを描いたシーンを朗読している。徐々にすれ違っていく2人の気持ちを、浜崎のヒット曲に乗せて読み上げるアニメーションはスペクタクルな内容で、孤独な女性の心を描いた歌詞に描かれたエピソードは、ファンのみならず音楽ファン必見の内容になっているようだ。

動画の総合演出は、今年1月に公開され、アヌシー国際映画祭の長編コンペティション部門にノミネートされた『あした世界が終わるとしても』を手掛けた櫻木優平監督が手掛けており、他にも次世代を担うクリエイターが集結。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.