くらし情報『『ドッキリGP』森脇健児の“寝顔”に冷めた声「ヤラセ全開で笑えない」』

2019年11月22日 17:31

『ドッキリGP』森脇健児の“寝顔”に冷めた声「ヤラセ全開で笑えない」

『ドッキリGP』森脇健児の“寝顔”に冷めた声「ヤラセ全開で笑えない」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

11月16日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)で行われたドッキリが、〝あまりにヤラセくさい〟と視聴者を冷めさせた。

同番組でしょっちゅうドッキリを仕掛けられるタレントの森脇健児は、とんでもない寝顔やいびきの持ち主。これまでにもたびたび寝起きドッキリで、その寝顔をウオッチされている。前回行われたドッキリでも、富士登山をして疲れ切った夜に壮絶ないびきと寝顔を見せ、番組は今回も森脇の寝顔を撮るべくドッキリを仕掛けていった。

撮影日となったのは、他局で放送されている『オールスター感謝祭』(TBS系)の生放送日。スタッフは、森脇が同番組の『赤坂5丁目ミニマラソン』に何カ月も前からトレーニングをして臨むほど懸けている点を利用し、マラソンで疲れた森脇に打ち上げで酒を飲ませ、疲労と酔いでぐっすりと眠れる環境を作ってドッキリに臨んだ。

■ あまりのわざとらしさに視聴者興ざめ

森脇はもくろみ通りすぐに就寝したが、あまりにも寝相が悪いため、別室でウオッチしていたスタッフは寝たかどうかを判別できず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.