くらし情報『倉木麻衣の“生歌”に落胆の声続出「放送事故レベル」「絶望的なヘタさ」』

2019年11月28日 11:10

倉木麻衣の“生歌”に落胆の声続出「放送事故レベル」「絶望的なヘタさ」

倉木麻衣

(C)まいじつ

11月27日に放送された音楽特番『ベストアーティスト2019』(日本テレビ系)に倉木麻衣が出演し、『ZARD』の名曲『負けないで』を生で披露。しかし、視聴者は倉木の歌唱力が耳に耐えないとし「放送事故だ」との声も飛び交うなど、その評判は散々だった。

今年デビュー20周年を迎えた倉木は、番組中盤の午後9時台に登場。歌唱前には今年の『24時間テレビ』(同系)で、24時間駅伝に挑んだいとうあさこ、近藤春菜、『ガンバレルーヤ』よしこ、水卜麻美アナと並び、彼女らの奮闘ぶりを振り返った。

同番組を見ていたという倉木は「感動しました。お疲れさまでした」などと口にし、頭を下げてステージに向かった。倉木は『ZARD』の坂井泉水さんと交流があったといい、4人が励まされたという曲『負けないで』をカバーすることに。いとうら4人が見守る中、曲を披露した。

■ 声かすれ、高音は息続かず…

倉木は音程を大きく外すことはなかったものの、ロングトーンを響かせるべき部分では声が続かず、かすれて聞こえる場面も。笑顔で「ありがとうございました」と締めた倉木に水卜アナは「倉木さんの声で、あらためて(負けないでのフレーズが)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.