くらし情報『日本テレビ『嵐』の“見せ場”意図的カット放送でファン大激怒!』

2019年12月1日 11:02

日本テレビ『嵐』の“見せ場”意図的カット放送でファン大激怒!

嵐

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

11月27日に放送された音楽特番『ベストアーティスト2019』(日本テレビ系)に『嵐』が出演。櫻井翔はMCを務めるなど出ずっぱりだったが、せっかくの見せ場がつぶされ、ファンからは怒りの声が上がっている。

『嵐』は同番組で、日本テレビ系の「ラグビーワールドカップ2019」のイメージソングに起用された楽曲『BRAVE』を披露。この曲は、シングルの表題曲としては約3年ぶりに櫻井のラップパートがあるもので、櫻井ファンはこの日も櫻井のラップ、通称〝サクラップ〟を楽しみにしていた。

そして楽曲披露が始まったのだが、「嵐」のパフォーマンス中に、映像が「ラグビーワールドカップ2019」の名シーンに切り替わるという編集が施されていく。さらに、楽曲中盤の〝サクラップ〟最大の見せ場シーンでは、ほぼすべての時間にわたってラグビー映像が映し出されていた。

■ せっかくの“生”サクラップなのに…

せっかくの櫻井の見せ場だったが、〝サクラップ〟が映ったのは歌いだし部分の一瞬だけという構成に、ファンは激怒。

《サクラップのとこちっとも翔くん映んなかった》
《サクラップのところの振り付け一番見たかったのにラグビーの映像流し過ぎじゃない??》
《翔くんのラップが!!!すべて!!!ラグビーに!!!なんてこと!!!》
《どんだけカメラ目線でオラってたか分かる??せめてバックに写してよ!!》
《久しぶりのサクラップめちゃくちゃ楽しみにしてたのに、まさかラグビー映像に変わるとは》
《日テレさん???アーティストへのリスペクトは??櫻井くんだからいいだろとか違うぞ???》

などといった声が上がっていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.