くらし情報『沢尻エリカ“衝撃の過去私服”が連日ワイドショーにさらされて…』

2019年12月2日 10:30

沢尻エリカ“衝撃の過去私服”が連日ワイドショーにさらされて…

沢尻エリカ

(C)まいじつ

合成麻薬MDMAを所持していたとして女優の沢尻エリカ容疑者が逮捕されてから約半月。出演予定だった大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)の降板と代役決定に関することや、新たな証言などが連日ワイドショーをにぎわせているが、それらの報道とともに過去の〝私服姿〟が用いられては、あまりの〝ダサさ〟に衝撃を受ける声が相次いでいるようだ。

「安室奈美恵の大ファンで、芸能界入りのきっかけも安室と公言している沢尻は、〝アムラー〟だったためか、私服も自然と派手な色や柄をよく取り入れているようです。最初に話題になったのは、2009年ごろに元夫でハイパーメディアクリエイターの高城剛氏とともに撮られたコーディネートで、テンガロンハットにふわふわのファーが付いた〝イカツイ〟アウター、ダメージデニムというもの。アウターの中には、ショッキングピンクでひよこのキャラクターが描かれたインナーを着用しており、この途方もないセンスに世間はひっくり返りました」(芸能ライター)

しかし、まだこれは序章に過ぎなかったようで…。

「その後も、誰よりも大きなつばの女優帽を着用したり、小学生女児が着るような赤いお花のワッペンが施されているデニムスカートに赤いお花柄のトートバッグを合わせたりなど、独特のセンスを発揮。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.