くらし情報『『品川庄司』品川が“収録中”にマジギレ? 後輩への恫喝に「本性出た」』

2019年12月5日 17:30

『品川庄司』品川が“収録中”にマジギレ? 後輩への恫喝に「本性出た」

品川祐

(C)まいじつ

ブレーク期にアシスタントディレクターを見下した態度を取っていたことで、彼らが出世した昨今では仕事が激減する〝因果応報〟を受けているといわれる『品川庄司』の品川祐。〝おしゃべりクソ野郎〟との愛称でも知られるそんな品川が、11月30日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で「マジギレしたのでは」と話題になった。

同日の放送は『フルーツポンチ』が〝向上ゲスト〟に登場し、品川はひな壇芸人の1人として収録に参加。番組冒頭、アキラ100%から「芸能界には〝村上〟が多過ぎる!」「〝村上といえば〟で『フルポン』村上と答える人いない」と、「フルーツポンチ」村上健志に改名を勧める提言があり、芸人一同は村上の改名案を挙げていった。すると、次はワタリ119から、村上の相方・亘健太郎も改名すべきとの提案が。さらに、このために「お金をかけて曲を作ってきた」と自信をのぞかせたため、一同は曲に合わせたワタリのネタを見ることになった。

ワタリはラジカセのような機器から音を出してフリップをめくっていくネタを披露したが、ネタの途中で再生が止まってしまい、「えっ嘘?」とパニック状態に。予期せぬハプニングに一同は大爆笑に包まれたが、ワタリは悔しさから声を荒げ、緊張も相まってさらなるパニックに陥っていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.