くらし情報『ハリセン・はるかを泣かせ批判続出! 博多華丸・大吉は“パワハラ”常習犯』

2019年12月4日 10:31

ハリセン・はるかを泣かせ批判続出! 博多華丸・大吉は“パワハラ”常習犯

箕輪はるか

(C)まいじつ

12月1日に放送された『博多華丸のもらい酒みなと旅2』(テレビ東京系)で、博多華丸に責められた『ハリセンボン』の箕輪はるかが泣きだしてしまう場面があった。このシーンについて、ネット上では華丸を批判する声が続出しているが、実は相方の大吉も〝同じ性質〟なのだという。

博多華丸がMCの同番組に、お笑いコンビ『ハリセンボン』の2人がゲスト出演。お酒を飲みながら語り合う番組で、華丸は「問題ははるかやな」「もう満足してそうやしな。別にないやん、野心」と、ピンポイントではるかを追及していく。

はるかは「この年まで生きて来られるとは思ってなかった。十分です私は」と華丸の情熱をかわすが、華丸は「十分じゃないよ」「何かしないと…しなさ過ぎなんだよ、生きてるくせに」と追撃。このように、終始困惑するはるかに、華丸はずっと強い言葉を投げ続けていった。

そして『ハリセンボン』のコンビ結成前、はるかが自分から相方を求めて声を掛けていたことが明かされると、華丸は「はるかから声掛けることがあるわけ?そういうタイプ?生涯〝受け身〟と俺は思ってたよ」とチクリ。するとはるかはついに泣き出し、「何かスゴい…厳しく言われるなと思って…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.