くらし情報『“留学”した理由がナゾだらけ… しばらく消えていた芸能人たち』

2019年12月8日 19:00

“留学”した理由がナゾだらけ… しばらく消えていた芸能人たち

帰国後、森山は学んだダンスを披露し、日本でも大絶賛を浴びていましたね」(芸能記者)

■ “自分探し”ならまだ分かるが…

このように、本来留学といえばスキルを身に付けるためのもののように思うが、全くその成果が見当たらない人も…。

「お笑い芸人のなかやまきんに君は、〝筋肉留学〟として3年間アメリカへ。しかし結果的には〝激ヤセ〟して帰国し、その萎んだ姿が大きな話題になりました。また、俳優の野村周平は、今年6月、親友の田口淳之介が大麻取締法違反の容疑で逮捕された直後にアメリカへ留学。9月に一時帰国してテレビ出演した際、現地で友達を作り、英語をしゃべるように心掛けていると明かしていました」(同・記者)

他にも、元『AKB48』の大島優子が17年8月から約1年間、アメリカへ留学。語学勉強や表現者としての勉強をしたというが…。

今現在、留学中の芸能人としては、ウエンツ瑛士がいる。彼はどんな成果を見せてくれるのだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.