くらし情報『『TOKIO』の農作業に“間違い指摘”「マジで危ない」「ダメっ!」』

2019年12月9日 11:00

『TOKIO』の農作業に“間違い指摘”「マジで危ない」「ダメっ!」

TOKIO

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

12月8日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、毎年恒例の稲刈りの模様が流れた。視聴者は温かい目で『TOKIO』メンバーの収穫の模様を見守っていたが、毎度変わらぬメンバーの〝作法〟に、稲作に詳しい一部視聴者は「見ていられない」「稲の実入りに意識がいかない」などとツッコミを浴びせていた。

福島市で9月下旬、地元住民の協力のもと、19度目の稲刈りに挑戦。城島茂は「すごい実が詰まってる」と満足げ。うま味を凝縮させるために10日間ほど〝棒がけ〟して水分を取った。背の高い稲は成長を待って10月に刈り取った。10月半ば、城島、国分、松岡らが集まり、稲を脱穀、精米して白米に。米を釜炊きし、地域住民が作った梅干しや昆布、豚汁、肉じゃがとともに味わった。

最後は結婚を発表した城島に、地域住民が稲わらで亀形のたわしを2つプレゼント。今年の米の収穫もつつがなく終了した。

■ 稲の持ち方にハラハラ「順手じゃないと…」

微笑ましく収穫を見守っていた視聴者が多かったが、TOKIOメンバーの様子にはハラハラしていたようだ。メンバーは左手で稲をつかみ、右手に鎌を手にしていたが、稲をつかむ左手は一様に「逆手」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.