くらし情報『堂本剛の左肩に“シップ”が見えて騒然…「おっさん過ぎ」「タトゥー隠し?」』

2019年12月12日 11:01

堂本剛の左肩に“シップ”が見えて騒然…「おっさん過ぎ」「タトゥー隠し?」

堂本剛

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

12月11日放送の『FNS歌謡祭』の第2夜(フジテレビ系)に、『KinKi Kids』の堂本剛が出演。スタジオトークの場面で堂本が左肩からチラリと見せた肌色の物体が話題を呼んだ。

この日の番組終盤、堂本はオリジナルのバンド『堂本剛FUNK同好会』を連れて登場。番組中に「だいたい4時間半で」作詞・作曲したという『しすてむ』を披露した。ドラムに小籔千豊、ベースに『野性爆弾』のくっきー、コーラスに『ゴールデンボンバー』の樽美酒研二、ゆりやんレトリィバァらを従えてオリジナル曲を熱唱した。

番組冒頭では司会の相葉雅紀、永島優美アナウンサーとともに座ってトークを展開。くっきー、ゆりやんレトリィバァと並んだ堂本は、生放送中に曲を作ることを「できないでもないが、体には良くない」と嘆いて相葉、永島アナを笑わせた。

■ 「左肩にはホクロがある」との声も

冒頭で堂本は「FNSFUNK」と書かれたプリントTシャツに、ゆったりとしたカーキ色の上着を羽織って登場。やはりゆったりとしたTシャツからは堂本の両肩がちらりと見えた。視聴者は堂本の左肩の肌の上に、肌色の物体が貼られていることに気付いたようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.