くらし情報『氷川きよし“ついに”カミングアウト!? 「つらかったね…」と同情の声も』

2019年12月14日 10:32

氷川きよし“ついに”カミングアウト!? 「つらかったね…」と同情の声も

氷川きよし

(C)まいじつ

演歌歌手・氷川きよしの発言にネットがざわついている。氷川は『週刊新潮』12月19日号に掲載された記事で、記者の直撃取材に自らの思いを隠すところなく語っているが、その言葉は騒然とするような内容だった。

最近の氷川といえば、ムダ毛のない生足を始球式で披露したり、かつての王子様スタイルからミステリアスで妖艶な姿へと変貌を遂げたりするなど、ビジュアル面の変化に大きな注目が集まっていた。

スタイルの変貌については、「デビューして20年たったことが大きい」と言い、ビジュアルの変化を褒められることについては、「キレイと言われるのはうれしいけど、逆にブスって言われるのはつらい。性格ブスにもなりたくないから――」などと語っている。

また、「みんなが求める『氷川きよし』に徹してきたけど、40歳を過ぎて、人としてもっと表現の幅を広げたいという気持ち」「男らしく生きてほしいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……」と告白したという。

■ 実質的なカミングアウト?

この氷川の言葉がネットニュースとして配信されると、コメント欄には、

《もう十分演歌のプリンスで頑張ったから、自分を解放させてあげていいと思う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.