くらし情報『『まだ結婚できない男』最終回に酷評続出!「え?え?え?え?終わり?」』

2019年12月14日 19:01

『まだ結婚できない男』最終回に酷評続出!「え?え?え?え?終わり?」

まだ結婚できない男

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

12月10日、阿部寛主演のドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)第10話・最終回が放送された。スタート時は大いに期待された同ドラマだったが、それを大幅に下回った結果に、視聴者からは落胆の声が噴出している。

2006年に放送され、最高視聴率22.0%を記録した大ヒットドラマ『結婚できない男』の実に13年ぶりの続編となる同作。主人公の桑野信介(阿部寛)53歳は、腕の良い建築士でルックスも良く、収入も人並み以上だが、〝メリットがない〟という考えから結婚の経験はなく、偏屈で皮肉屋、プライドが高くこだわりも強いので、恋人を作ることもなく、気楽なシングルライフを送っている。

前作よりヒロインたちは一新され、弁護士の吉山まどか(吉田羊)、カフェの雇われ店長・岡野有希江(稲森いずみ)、マンションの隣人・戸波早紀(深川麻衣)などが登場する。

第10話では、まどかが長野に住む母親の弁護士事務所を継ぐべきか迷う。有希江はまどかに対し、桑野に相談するようアドバイス。2人がケンカし合える仲であることを指摘し、「ちゃんと向き合ってる」と評した。

まどかから長野帰りについて打ち明けられた桑野は後日、まどかを呼び出す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.