くらし情報『長谷川京子“舞台主演”に意気込み見せるも「棒なのに…」の厳しい声』

2019年12月19日 10:32

長谷川京子“舞台主演”に意気込み見せるも「棒なのに…」の厳しい声

長谷川京子

(C)まいじつ

女優の長谷川京子が12月10日、自身が主演する舞台『メアリ・スチュアート』(来年1月27日~2月16日)の発表会見に出席した。この舞台は、イングランド女王エリザベス(シルビア・グラブ)に幽閉され、処刑されたスコットランド女王メアリを主人公にした作品で、吉田栄作、三浦涼介、藤木孝らが共演する。

長谷川は、「今回は大役だったので、どうしようかと思ったけれど、『山を越えない選択肢はない』と思って、やることにした」と意気込みを語った。すでに稽古は始まっており、「背筋が伸びる思いがした。私がびびり過ぎて、演出の森(新太郎)さんが緊張をほぐしてくれた。思った以上に大変だけど、人間関係が面白いし、女王の2人が男前だったというところに落ち着くと思う」と、舞台の空気を感じさせる言葉を残した。

■ 過去には酷評された演技だが…

しかし、長谷川のやる気を削ぐかの如く、ネット上では、

《その言い方カッコつけてて気持ち悪い》
《自分ではいいこと言ってるつもりだけど面白くない》

などと、〝山を越えない選択肢はない〟の発言に対するツッコミが…。さらには、

《熟女感がすごい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.