くらし情報『紅白初出場『King Gnu』の“イキり”が痛々しい…「厨二病なのかな?」』

2019年12月21日 11:01

紅白初出場『King Gnu』の“イキり”が痛々しい…「厨二病なのかな?」

紅白初出場『King Gnu』の“イキり”が痛々しい…「厨二病なのかな?」

(C)HBRH / Shutterstock

大みそか放送の『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK)への初出場も決まり、今年ブレークしたアーティストの1組に数えられる4人組バンド『King Gnu』。しかし、知名度上昇に伴って過去のエピソードが明るみとなり、ネット上での好感度は下がりつつあるようだ。

12月7日、『週刊文春』が運営するウェブサイト『文春オンライン』は、メンバーの井口理と新井和輝に恋人がいることを報道。記事には2人がそれぞれの恋人と食事デートなどを楽しむ様子が写真付きで掲載され、井口は「昨日別れました」、新井は「あ、コレ彼女ですね」と直撃インタビューに答えている。

まだまだ人気が高いとはいえないバンドの熱愛を大々的に報じた「文春」にも驚きだが、問題視されたのは記事内での発言。井口は同誌の直撃インタビューで「紅白」への意気込みも聞かれたのだが、《適当にやろうかなって感じです》と、まるでヤル気のない発言を残したのだ。

また、井口はこの直前にも〝ファンに中指を立てた〟として、ツイッターが炎上する騒ぎを起こしている。

■ パンクでロックな〝型にハマらない自分〟

「目撃談によると、井口がとあるライブをプライベートで鑑賞していたところ、井口の存在に気付いた観客がスマホのカメラを向け始めたそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.