くらし情報『広瀬すず“下品な笑い方”にまた批判「まじで怖い」「クセなんだね」』

2020年1月5日 11:00

広瀬すず“下品な笑い方”にまた批判「まじで怖い」「クセなんだね」

広瀬すず

(C)まいじつ

女優の広瀬すずが1月3日、特番『ダマされた大賞』(日本テレビ系)に出演。この日、芸能人へのドッキリを見守り大笑いしていた広瀬だが、画面に向かって指を差しながら笑うさまを批判する声も出ている。

広瀬は司会の内村光良らとともに出演し、「審査委員長」として番組を進めた。広瀬が大笑いしたのは、お笑いコンビ『阿佐ヶ谷姉妹』にドッキリを仕掛けた場面。眼鏡姿がトレードマークの2人がそろって眼鏡洗浄機に眼鏡をセットしたところ、機械が突然爆発。同時に2人に向かって大量の眼鏡がまかれ、阿佐ヶ谷姉妹は「どこ?どこ?」と自分の眼鏡のありかを探して右往左往した。

ドッキリの現場をVTR超しに見ていたスタジオの出演者は大笑い。広瀬もモニターを指差しながら大笑いしていた。

■ 『なつぞら』の炎上事件再び?

この他、『バイきんぐ』の小峠英二にドッキリを仕掛ける場面でも広瀬は大笑い。宿泊先のホテルの布団からワニ、押し入れから阿佐ヶ谷姉妹が現れて小峠を驚かせるドッキリが成功すると、ここでもモニターを軽く指差し、手をたたきながらゲラゲラ笑っていた。

広瀬の笑い方を巡っては、昨年のNHK連続ドラマ『なつぞら』の公式Twitterで、赤ちゃんを抱いた中川大志を指差しながら大笑いする姿が映り「不快だ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.