くらし情報『木村拓哉が天下無双! 日本国民の“キムタク好き”見事に証明される』

2020年1月9日 17:30

木村拓哉が天下無双! 日本国民の“キムタク好き”見事に証明される

木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『SMAP』解散後に俳優へ転身し、これまでにも増して映画やドラマに主演するようになった木村拓哉。「何を演じてもキムタク」「演技が変わらない」などとグループ時代から変わらぬ批判を受けているが、どうやら「俳優・木村拓哉」としての評価はジワジワと上昇していっているようだ。

2020年新春、フジテレビ系では開局60周年特別企画として、木村主演のスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)が1月4日と5日の二夜連続で放送された。同ドラマは累計55万部を発行した人気小説が原作で、放送時間は二夜合わせて4時間半越えという力の入れよう。そして、その期待通り、第一夜の視聴率は15.3%、第二夜も15.0%と、いずれも15%超えの高視聴率を記録している。

同作で木村が演じたのは、警察学校で「鬼教官」と恐れられる風間公親。そのいでたちは白髪に義眼とどこか不気味なもので、木村は〝逆・白髪染め〟と瞳が小さく見えるコンタクトで役に挑戦。本人のピリついたオーラも相まって「鬼教官」の雰囲気は全開となり、俳優としての堂々たる存在感を見せつけることとなった。

「キャラの路線は違えど、今回の役は『HERO』の久利生公平に匹敵するかなりのハマリ役でしたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.