くらし情報『吉高由里子の“巨乳化”に驚きと興奮「また脱いでくれ!」』

2020年1月9日 11:06

吉高由里子の“巨乳化”に驚きと興奮「また脱いでくれ!」

吉高由里子

(C)まいじつ

女優の吉高由里子が主演するドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)が1月8日にスタートした。冬ドラマとあって厚着の衣装のシーンが多かった吉高だが、一部視聴者からは「昔と比べて胸が大きくなった」と興奮する声が相次いでいる。

重岡大毅や柄本佑、佐々木蔵之介らが共演。吉高は週刊誌記者の真壁ケイトを演じる。冒頭で秋吉久美子演じる母が倒れ、真壁が駆け付けたところ「お父さんはキアヌ・リーブス」と謎の遺言を残して亡くなるところからスタートした。

第1話の中で、真壁はおおむねカーキ色のコートを羽織っており、露出は比較的少なめ。ただ、国際結婚詐欺を暴こうと、取材の一環で茶道教室を訪れるシーンでは、スカートに長袖のブラウスを着用。真部は茶室で正座し、茶道を習うフリをした。

■ おじぎするたびに吉高の胸が…

真壁は茶道を教える多賀(倍賞千恵子)に「先日、母を亡くした。心を立て直したい」と茶道を習う動機を口に。「ご愁傷様です」と気遣う多賀に、真壁は「よろしくお願いします」と深々とおじぎ。その後、茶菓子や茶に手を付けようと何度もかがんだ。

番組インスタグラムでは、吉高が茶室を訪れたシーンの写真を公開している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.