くらし情報『三田佳子“意識の低さ”自らSNSで発信…「この親にしてこの子あり」』

2020年1月13日 17:31

三田佳子“意識の低さ”自らSNSで発信…「この親にしてこの子あり」

三田佳子

(C)まいじつ

女優の三田佳子が1月8日、自身のオフィシャルブログ『佳子のガラパゴス遊歩』を更新。自宅の高層マンションの窓から飼い猫が出てしまい、119番通報してレスキュー隊にお世話になったことを明かしたものの、ある写真を巡ってネット上ではツッコミの声が続出している。

8日、《臨港署の皆さん助けてくださってありがとうございました。蛍&母より》というタイトルでブログを更新した三田。ある日、空気の入れ替えのために、ほんの一時開けていた窓の隙間から愛猫の「蛍」が外に出てしまったようで、外のひさし部分で立ちすくんでいたという。

さらに、《餌で釣ろうとしても、声を掛けても、どんどん扉から離れてしまって…どうしましょう》と困りあぐねた三田を見て、三田の家政婦が心配のあまり119番通報。駆け付けたレスキュー隊の尽力もあって無事に愛猫を救出できたようだ。

事なきを得た三田は、レスキュー隊の活動中の様子を収めた写真や集合写真を公開しつつ、《二度とこんなことにならないように気を付けますでも…皆さん、本当に頼もしくて…素敵でした》などと感謝の気持ちをつづるのだった。

■ 飼い猫は可愛いが飼い主はあかん奴

ヒヤヒヤな出来事に、ファンからは、

《大変でしたね!内側にペットフェンスとか置きましょう!読んでて…ドキドキしました》
《消防士さんたちも無事に任務終了されホッとされたと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.