くらし情報『『キスマイ』“宝くじ企画”にヤラセを疑う声「5回連続で10万円が…」』

2020年1月14日 11:01

『キスマイ』“宝くじ企画”にヤラセを疑う声「5回連続で10万円が…」

Kis-My-Ft2

(C)まいじつ

『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)が1月13日に放送され、恒例の宝くじ企画を実施した。『Kis-My-Ft2』や『サンドウィッチマン』、『EXIT』らが当たりを連発したが、次々と当たりを引き当てる展開に「ヤラセじゃない?」と疑う声が続出している。

この日、出演者は年末ジャンボ宝くじ、年末ジャンボミニの高額当せんを狙った。スタジオに並べられた大量の宝くじの中から、『ジャンボ』(1等、前後賞合わせて10億円)の番号を7人が、『ジャンボミニ』(同5000万円)の番号を9人がそれぞれ確かめることに。並べられた宝くじの購入金額は1人当たり10万円分だった。

■ 5人が10万円分当せん、プラス収支に

このうち、当せん金額1万円(ジャンボ5等、ミニ4等)の番号を確かめる場面では、横尾渉、玉森裕太がミニの当たり券をそれぞれ2枚、藤ヶ谷太輔はミニの当たり券を3枚立て続けに発見。結局、全員で1万円の当たりくじを23枚引き当てた。藤ヶ谷に至っては1万円分の当たり券を6枚も引き当てていた。

『メイプル超合金』の安藤なつは当選確率1万分の1の「ジャンボ」の年末ラッキー賞(2万円分)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.