くらし情報『『志村どうぶつ園』虐待疑惑の家族を“強行オンエア”で批判続出!』

2020年1月18日 17:30

『志村どうぶつ園』虐待疑惑の家族を“強行オンエア”で批判続出!

『志村どうぶつ園』虐待疑惑の家族を“強行オンエア”で批判続出!

(C)Master1305 / Shutterstock

1月11日の『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)が、37匹の動物と暮らすS一家の企画を放送した。

同企画は、静岡県浜松市でたくさんの動物とともに生活する一般人のS一家に密着した人気コーナー。身寄りのない動物を引き取って育てる温かさが感動を呼んでいたが、昨年11月の『週刊文春』により、不適切な動物飼育の実態とそれに伴う近隣トラブルが報じられた。

「文春」に掲載されたのは、「馬が通学路に脱走して警察沙汰になった」「長男がスプレー缶を使って飼っているヤギの体に落書きをした」「明らかにキャパシティーを超え、無責任にあれだけの動物を飼っている」など、オンエアの様子からは想像できない衝撃的な告発の数々。さらに、翌月にはスキャンダルの第2弾として、業者でないと許されていない獣畜の遺体処理がナタで行われていたことも画像付きで掲載されている。

「同画像は馬の頭と四肢が切断され、胴体からは臓器があふれ出ている凄まじくショッキングなもの。あまりの凄惨さに、画像はモザイク処理された上で掲載されました。一連の報道は番組編成に影響を及ぼしたのか、年内最後の放送だった12月14日では、7年も前に放送した企画をそのままオンエア。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.