くらし情報『『モニタリング』ドッキリにヤラセ丸出し疑惑「警察呼ばないのか?」』

2020年1月17日 11:28

『モニタリング』ドッキリにヤラセ丸出し疑惑「警察呼ばないのか?」

『モニタリング』ドッキリにヤラセ丸出し疑惑「警察呼ばないのか?」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

1月16日放送の『モニタリング』(TBS系)は、アスリートが老人に扮して一般人のもとに現れ、華麗な技を披露する「ドッキリ」で驚かせた。しかし、アスリートが施したメークやアクションを披露したシチュエーションを見て、視聴者は「なぜ気付かないのか」と不思議がった。「そろそろヤラセと気付くべきだ」と呆れる声も相次いでいる。

同番組では、アスリートを老人に変装させる企画を次々と放送。このうち、東京五輪のスポーツクライミング日本代表候補の緒方良行選手は、一般人の前で老人らしくヨボヨボとしながらも、小学校の校舎を素手でよじ登る離れ業を披露。居合わせた一般人女性が戸惑いの表情を見せる中、14メートル上の屋上まで登り詰めると、女性は「何、今のおじいちゃん…」とつぶやいた。

■ 高さ5メートルから飛び降りてもさほど驚かず…

他にも、世界的なパルクールアーティストのZEN氏、泉ひかり氏が老いた従業員に扮してホテル内でケンカをし、テーブル、椅子を跳び越えながら追い掛け合う模様も放送された。居合わせた客は高さ5メートルの2階からジャンプして見事に着地した2人を見て大いに驚いていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.