くらし情報『「地震予知は絶対できない」東大名誉教授の“サラっと暴露”に仰天!』

2020年1月25日 11:01

「地震予知は絶対できない」東大名誉教授の“サラっと暴露”に仰天!

「地震予知は絶対できない」東大名誉教授の“サラっと暴露”に仰天!

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

「地震を予知することは絶対にできない!」

ラジオ番組で、こう大胆発言をした東京大学名誉教授が話題になっている。

地震予知に異議を申し立てたのは、東京大学名誉教授で地震学者のロバート・ゲラーさん。ゲラーさんは1月18日放送のTBSラジオ『久米宏のラジオなんですけど』に出演し、地震予知研究や予知を前提にした政府の防災対策を強く批判した。

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から25年がたち、あらためて地震に対するわれわれの心構えが問われているが、政府は今後30年以内に南海トラフ巨大地震が発生する確率は80%、首都直下地震は70%と想定している。しかし、それらが全部〝ウソ〟だとしたら、高まりつつある防災意識にも影響を与えかねないだろう。

「ゲラーさんは巨大地震が今後起きるだろうことは否定していません。しかし、〝近いうち〟〝明日かも〟というのは、もしかしたら1000年後かもしれないと言っています。番組では『本当は多くの地震学者は予知できないと分かっている。マイクやカメラがないところではみんなそう言っている(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.