くらし情報『みのもんた『ケンミンSHOW』降板前に見えた危険な予兆! 収録中に…』

2020年1月27日 17:31

みのもんた『ケンミンSHOW』降板前に見えた危険な予兆! 収録中に…

みのもんた

(C)まいじつ

昭和と平成のテレビ界を支えた大物司会者・みのもんたに〝終わりの時〟が近づいている。

1月23日、みのが久本雅美と共同MCを務めるバラエティー番組『秘密のケンミンSHOW』を制作する読売テレビが、4月のリニューアルでみのが番組を降板すると発表した。

代役には『爆笑問題』の田中裕二が就任し、みのの降板に伴い、番組名も『秘密のケンミンSHOW 極』に改題。みのは同番組が始まった2007年から出演しているが、これで13年の歴史がひと区切りすることとなった。

発表によると、降板理由は「ご本人のご意向もあり、後進に道を譲られ、ご勇退されることになりました」とのこと。また、現在のみのは「ケンミンSHOW」が唯一のレギュラー番組であるため、ゲストによる出演がなければ、これでみのをテレビで見られる機会はゼロとなってしまった。

■ 番組中にも危険な前兆が!?

高齢による体力の限界説が囁かれている降板劇だが、一部報道にある関係者談によれば、降板は健康上の理由ではないそう。みの本人は今後もテレビの仕事を続けるつもりだと周囲に話しているというが、最近の「ケンミンSHOW」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.