くらし情報『広瀬すず「初舞台で初受賞」快挙の陰で囁かれる“舞台ウラ”の裏事情』

2020年2月1日 10:31

広瀬すず「初舞台で初受賞」快挙の陰で囁かれる“舞台ウラ”の裏事情

主催者側も危機感を抱いているのか、2000年以降は、個人賞5人のうちの1人は、テレビや映画で活躍する有名俳優を選ぶ傾向がありますね。広瀬に関しては舞台での演技力はまだまだ未熟です。話題先行なのはどうしても否めませんね」(芸能記者)

舞台では相手役の志尊淳とのラブシーンや、引き裂かれて泣き叫ぶシーンなど、圧巻の演技を見せたという広瀬。その〝体当たり演技〟には、多くの観客が感動したというが…。

「良くも悪くも広瀬の初々しさが目立っていましたね。正直、発声などはまだまだで、舞台ファンから見れば納得のいかない部分もあったと思います。もっとも、朝ドラ『なつぞら』では今以上に酷評が飛び交っていましたから、今回の受賞を機に少しでも演技力が向上するといいんじゃないでしょうか。ファンも期待しているでしょう」(エンタメ誌記者)

まさかの初舞台初受賞で、一気にアンチを黙らせた広瀬だが、本当の真価はこれからの活躍にかかっている。今後の広瀬の演技に注目したい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.