くらし情報『『Sexy Zone』菊池風磨“思い出の受験エピソード”が薄っぺら過ぎる!』

2020年2月4日 17:30

『Sexy Zone』菊池風磨“思い出の受験エピソード”が薄っぺら過ぎる!

『Sexy Zone』菊池風磨“思い出の受験エピソード”が薄っぺら過ぎる!

(C)Luis Molinero / Shutterstock

1月31日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、『Sexy Zone』の菊池風磨が自身の〝受験エピソード〟に言及した。

この日、番組では、中島みゆきのデビュー45周年を記念したトリビュート企画が放送された。本人の出演はなかったが、AI、竹原ピストル、ToshIの3人が中島の楽曲をカバーし、VTRでは名曲やファンの声を紹介。出演アーティストたちは自身が思い出に残っている中島の楽曲を挙げていき、菊池は『ファイト!』が思い出の1曲だと明かした。

その理由について、菊池は「大学受験をしたときに、塾の先生に『聴きな』って言われて。で、それをもう応援歌にして、大学受験を乗り切りましたね」と告白。高校2年生で「Sexy Zone」としてデビューし、学業と仕事に加え、塾まで通う多忙な日々を送っていたことをにじませた。

■ 視聴者が“イメージ”だけで美化し過ぎた?

このエピソードに対し、ツイッターには、

《エスカレーターだと思ってた》
《えっ普通に受験して慶応受かったの?仕事もしながら…?》
《Sexy Zoneをしながら塾に行き大学受験する菊池風磨軽率に言って好きみが深い》
《風磨さんの大学受験勉強の時間を見習いたいけど私には無理だ…風磨さんスゴ過ぎる》
《努力の天才かよ素晴らし過ぎて泣けてくる》
《自分がちっぽけに見える》

など、称賛の声が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.