くらし情報『希望者殺到“声優界”にベテランが警鐘…「憧れだけではどうにもならない」』

2020年2月17日 17:30

希望者殺到“声優界”にベテランが警鐘…「憧れだけではどうにもならない」

希望者殺到“声優界”にベテランが警鐘…「憧れだけではどうにもならない」

(C)Ollyy / Shutterstock

2月10日に発売された声優総合情報誌『声優グランプリ』の名物付録『声優名鑑』が話題になっている。

『声優名鑑』は今から19年前の2001年に初めて同誌の付録になったが、当時、女性の掲載人数はわずか225名だった。しかし、令和最初になる今回の名鑑では『女性編』の掲載人数が907名に達しており、読者から驚きの声が上がった。

ネット上では、

《若い子の夢を聞くと〝声優〟というやつ多いよね。そりゃ人数も増えるわけだ》
《昔に比べて4倍以上の増加か。すごいな》
《声優が紅白に出る時代だからね。若い子の憧れなんだろう》
《毎年楽しみにしているが、年々付録が厚くなっていくよね》

など、大きな反響を呼んでいる。

しかし、一方で、市場規模の小さい声優業界に、多くの女性声優希望者が集まっていることを危惧する声もある。

《おいおい、こんなに声優の需要あるのか?若いやつはよく考えて職業選べよ》
《この名鑑に載っていない予備軍はさらに多いことだろう。みんなアフォとしかいいようがないなw》
《どんだけ声優に夢持ってるんだろうか。仕事があるのなんてほんの数十人しかいないぞ》

■ 商売として成り立っていない

「若い女性のなりたい職業の中で、声優はかなりポイントが高いですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.