くらし情報『竹内涼真『テセウスの船』大絶賛の声「ただのイケメンじゃなかった!」』

2020年2月18日 19:00

竹内涼真『テセウスの船』大絶賛の声「ただのイケメンじゃなかった!」

竹内涼真

(C)まいじつ

今クールの民放連続ドラマの平均視聴率で、天海祐希主演の『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)とナンバーワンの座を争っているTBS系日曜劇場『テセウスの船』。2月3週目までで『トップ――』が平均11.3%、対する『テセウス――』が同11.2%と、ほぼ互角だ。

そんな『テセウス――』に主演の竹内涼真が、女性視聴者の心をわしづかみにしている。このドラマは、青年漫画誌『週刊モーニング』にて連載されていた東元俊哉氏原作のコミックを映像化。竹内は、大量殺人犯として逮捕された警察官の息子、田村心役を務めており、事件の現場となった村を訪れたときに突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまうというストーリー。視聴者の間では事件の〝真犯人〟捜しが話題になっており、ツイッターでは多くの考察が投稿されている。

「そんな中、視聴者を毎週ザワつかせているのが竹内涼真の演技です。毎回涙を流し、その姿に女性視聴者がときめいているのです」(テレビ雑誌編集者)

《そんな捨てられた子犬みたいな目で見られたら惚れてまうやろ…。》
《すぐ泣いちゃうしね笑震える子犬だしねダメダメな心さんカワイイ》
《まじ子犬かわいい守ってあげたい心さんが愛しいにやける(笑)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.