くらし情報『本田翼『絶対零度』で“棒演技”炸裂「相変わらず学芸会」「イライラする」』

2020年2月18日 11:01

本田翼『絶対零度』で“棒演技”炸裂「相変わらず学芸会」「イライラする」

本田翼

(C)まいじつ

2月17日に放送されたドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)の第7話で、本田翼の演技が再び話題になっている。視聴者からは「相変わらず学芸会」と呆れる声も出た。

警察内の組織「ミハン」で、危険人物の犯罪を未然に防ごうと井沢(沢村一樹)らが奮闘する同ドラマ。クールな役柄を演じる本田だが、第7話では『関ジャニ∞』の横山裕とカップル役を演じる場面も。2人はフィットネスクラブを営む仁科(佐藤江梨子)の秘密を暴こうと潜入。カップルのふりをして言葉を交わした。

本田演じる小田切は歩きながら、「水着を着るの恥ずかしい…最近、食べ過ぎて太っちゃった!」と口に。横山演じる山内は「食べてる君も素敵だよ」と声を掛け、小田切は「いやだ」と恥ずかしがる演技を見せた。

■ 横山裕の演技には「120点満点」の声も出たが…

フィットネスクラブ内で2人は、小声で言葉を交わしながら汗を流し続けた。小田切がサンドバックに豪快にキックを決め、仁科の秘書、江波(本宮泰風)に怪しまれると小田切の態度はひょう変。「いやだ、蹴り過ぎちゃった」と〝か弱い女性〟のふりをすると、山内はぼそりと「強い君も素敵だよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.