くらし情報『『麒麟がくる』が仕掛けた遊び心が話題「これウルトラセブンじゃん!」』

2020年2月23日 11:01

『麒麟がくる』が仕掛けた遊び心が話題「これウルトラセブンじゃん!」

『麒麟がくる』が仕掛けた遊び心が話題「これウルトラセブンじゃん!」

(C)Rachata Teyparsit / Shutterstock

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』のサブタイトルが、ウルトラセブンのタイトルの〝オマージュ〟だったとネット上で話題になっている。

1月19日に放送された初回『光秀、西へ』のタイトルを見た視聴者から、「何かの番組のタイトルに似ている」という疑問の声が上がったことが、話題になる最初のきっかけだった。その後、ネット上で「ウルトラセブンの第17話『ウルトラ警備隊西へ』じゃないか?」という指摘が上がると、賛同の声が一気に広まった。そして今現在、ドラマが進むにつれて、当初の疑惑が確信に変わっていったという。

「その後、2話と3話にはオマージュは見られなかったのですが、4話の『尾張潜入指令』が、ウルトラセブンの第9話『アンドロイド0指令』、5話の『伊平次を探せ』が、セブンの第23話『明日を捜せ』と似ていたため、ネット上で一気に盛り上がりました。ちなみに次回放送の6話『三好長慶襲撃計画』は、すでにセブンの第39話『セブン暗殺計画』のオマージュになっていることが分かっています。ドラマの製作者が、かなりのウルトラセブンファンなんじゃないでしょうかね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.