くらし情報『『麒麟がくる』が仕掛けた遊び心が話題「これウルトラセブンじゃん!」』

2020年2月23日 11:01

『麒麟がくる』が仕掛けた遊び心が話題「これウルトラセブンじゃん!」

(エンタメ誌記者)

■ これにはアンヌ隊員もニッコリ

ネット上では、

《最初はネタかと思ったけどガチだったとはwよーく見ると文字背景も似せている感じ》
《あー、やっぱりセブンか。これは円谷ファンなら一発で分かるな》
《ディレクターがウルトラセブンファンなのかな?でも、こういった遊び心は楽しいよね》

など、大きな反響を呼んでいる。

「昭和42年に放送されたウルトラセブンは、数あるウルトラシリーズの中でも特に評価が高く、当時のタイトルをオマージュしたケースは過去にいくつか見られますね。大河のスタッフもそこに着目したんじゃないでしょうか。現在、大河ドラマファンからは、次にどんなオマージュタイトルがくるのか予想する話題で盛り上がっています。『700キロを突っ走れ!』『史上最大の侵略』『ノンマルトルの使者』『栄光は誰のために』など、『麒麟がくる』でも十分に使えそうなタイトルがたくさんありますので、今から楽しみですね」(前出のエンタメ誌記者)

最近はこのような〝あるあるネタ〟は、目ざといドラマファンがすぐに発掘するので、ネット上で〝バズる〟のが必至になっている。大河ドラマの製作者が最初からそのことを見込んでいたとすれば、狙いは大当たり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.