くらし情報『鈴木杏樹“にっこり会釈”に非難殺到「恐ろしい」「図太いわ」』

2020年2月22日 11:02

鈴木杏樹“にっこり会釈”に非難殺到「恐ろしい」「図太いわ」

鈴木杏樹

(C)まいじつ

元歌舞伎俳優・喜多村緑郎との不倫交際が露呈した女優・鈴木杏樹の〝笑顔〟に批判が殺到している。

2月18日、作家・三谷幸喜原作のコメディー舞台『罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~』の広島公演に出演した鈴木。6日発売の週刊誌で〝浜辺でキス〟不倫が報じられて以降、初の舞台出演となった。同作のテーマは「<嘘>も方便。物事をうまく進めるためには、ちょっとした<嘘>は必要なもの…。」というもので、鈴木の役どころは皮肉にも、片岡鶴太郎演じる夫がありながらも〝不倫する妻〟役だ。

特大ブーメランを受ける鈴木だが、セリフに「一度に2人を愛してはいけない。いつかきっと不幸になる」と諭される場面では、観客から笑いも漏れた。カーテンコールでは、鈴木が「大変お騒がせしてしまい、申し訳ありません」と頭を下げて謝罪。共演する佐藤B作から「これだけお客さん入ったのも杏樹さんのおかげ」と、愛のあるイジリが飛んだという。そして終演後、裏口で待ち受けた報道陣に対し、鈴木は軽く会釈。そのままタクシーに乗り込んだ。

「会釈した瞬間の写真に衝撃が走っているようです。地面に向かっている顔には、頬を上げニコやかに微笑む表情を浮かべていることが、どのショットでも確認できます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.