くらし情報『『モニタリング』にヤラセ疑惑! 他人のスマホで通話「交番持ってけよ」』

2020年2月21日 11:02

『モニタリング』にヤラセ疑惑! 他人のスマホで通話「交番持ってけよ」

『モニタリング』にヤラセ疑惑! 他人のスマホで通話「交番持ってけよ」

(C)UVgreen / Shutterstock

2月20日放送の『モニタリング』(TBS系)で、またも「ヤラセ説」が囁かれている。モニターされた一般人が、鳴り続ける他人の携帯電話に勝手に出る姿を見た視聴者は「普通は出ないはず」と指摘していた。

この日のドッキリの舞台は千葉県内のカフェ。2人組の女性が訪れ、仕掛け人の女性が携帯電話を手に席を外したタイミングで、隣のテーブルに忘れ物の携帯電話が鳴る。その持ち主が俳優の千葉雄大だったと判明したとき、ターゲットの女性がどのようなリアクションを示すのか検証した。同様のドッキリは芸能人を代え、たびたび繰り広げられている定番ものだ。

■ 隣の携帯電話にあっさり出て…

ドッキリではまず、千葉が一般女性の隣テーブルに置かれたスマートフォンに電話をかける。スマートフォンの存在に気付き、電話に出た女性に千葉は「携帯電話をなくしてしまって別の携帯からかけている」「(カフェにいたまま)待っていただいてもいいですか」とお願いし、女性のもとに向かった。

千葉と対面した女性は、驚いた様子でどぎまぎ。千葉は女性に感謝してプリンをごちそうし、プリンを食べさせてあげるなど大サービスした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.