くらし情報『長澤まさみ“ゴミ袋ドレス”姿に悲鳴「素材の良さを殺し過ぎ」』

2020年2月24日 10:30

長澤まさみ“ゴミ袋ドレス”姿に悲鳴「素材の良さを殺し過ぎ」

長澤まさみ

(C)まいじつ

女優の長澤まさみが2月18日、都内で行われた『第62回ブルーリボン賞』の授賞式に出席。奇抜な黒ドレス姿に対し、ネット上では「もっとまさみの素材を前面に!」「全身ゴミ袋着てるみたいなドレス」などと話題になっているようだ。

この日、自身が主演を務めたフジテレビ〝月9〟ドラマの劇場版『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』で、主演女優賞を受賞した長澤。着用したドレスは、光沢のあるレザー調のキャミソールワンピース。ふわっとした黒いブラウスと黒いサンダルを合わせ、ゴツめのシルバーネックレス、赤リップという、クールかつエレガントな装いとなっていた。

「もはやおなじみとなっている、長澤の〝独特〟なファッションセンス。全身ブラックコーディネートでオシャレにキマっていたのですが、スカートがフレアスカートで生地をたっぷり使用しているだけに〝ゴミ袋のコスプレ〟感が出てしまっています」(芸能ライター)

■ せっかくの美脚を変なロング丈でガード

某女性向けネット掲示板では、今回の衣装について、

《相変わらず素材の良さを殺すスタイリング》
《もっとまさみの素材を前面に!隠さない方がいい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.