くらし情報『石橋貴明「昔は人気があった」の自虐…地上波で‟最後”の新番組!?』

2020年2月28日 17:30

石橋貴明「昔は人気があった」の自虐…地上波で‟最後”の新番組!?

石橋貴明

(C)まいじつ

2月24日放送の『たいむとんねる』(フジテレビ系)で、MCの石橋貴明が〝自虐ネタ〟を披露する一幕があった。

この日の放送では、「曲を聴けば絶対知っている作曲家 古関裕而」と題し、『闘魂こめて』『六甲おろし』などの名曲を手掛けた作曲家・古関裕而を特集。スタジオに東海大学付属高輪台高等学校の吹奏楽部員らを招き、古関の楽曲が生演奏された。

しかし、肝心の部員らは石橋を前にテンションが上がらず、耐えかねた石橋が「みんなポカーンとしてますけどね。おじさんね、昔人気あったんだよ。先生が中学生のときスゲー人気あったの」と、おちゃらけて自己紹介。ネット上では「石橋も落ちぶれたな」と大きな話題になっている。

「先ごろ、この『たいむとんねる』が3月末で打ちきりになると報じられたました。代わって4月から新たに『石橋、薪を焚べる』という番組がスタートしますが、『たいむとんねる』より遅い深夜0時25分からの番組ですし、内容も似たようなもの。先行きは推して知るべしでしょうね。本人も自身の人気凋落には半ば諦め気味だといいます。かつては若年からカリスマ扱いされていた石橋ですが、今の高校生にとって見れば、ただの態度の大きいおじさんにしか見えないのでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.