くらし情報『『東大王』美人YouTuberの‟エロいミス”に興奮「下ネタ大好きかよ!」』

2020年2月27日 11:02

『東大王』美人YouTuberの‟エロいミス”に興奮「下ネタ大好きかよ!」

『東大王』美人YouTuberの‟エロいミス”に興奮「下ネタ大好きかよ!」

(C)Rachata Teyparsit / Shutterstock

2月26日放送の『東大王』(TBS系)で、思わぬハプニングが起きたと密かに話題になっている。この日出演したゆきりぬが漢字を読み間違えたが、視聴者はその読み方が「下ネタではないか」と指摘しながら大いに興奮していた。

ゆきりぬはUUUM所属、登録者数120万人超(同日現在)を抱える27歳の女性ユーチューバー。横浜国立大学卒のゆきりぬは芸能人チームに加わって東大王チームに挑んだ。

ゆきりぬの回答が話題になったのは、難読漢字を解きながらオセロに見立てたマスを取る「難問オセロ」のクイズ。両チームは「伽藍鳥(ペリカン)」「珠鶏(ほろほろちょう)」「蚊母鳥(よたか)」など、鳥の難読漢字32文字の読み問題に臨んだ。

■ 「蜀魂」の読みを問われ大慌てで…

「鸚鵡(おうむ)」を見事に当てたゆきりぬは、オセロの角の超難読漢字に挑戦。出題された漢字は「蜀魂」だった。ゆきりぬは読みが分からず「何これ…」と困惑。司会のヒロミも「鳥っぽくねえな…」と嘆き、山里亮太も「確かに…」とうなずいた。「えー、鳥…?」と困った様子のゆきりぬは首を傾げながら「かり…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.