くらし情報『『モニタリング』‟ロケ場所”に疑問の声「感染騒ぎあったとこだよね?」』

2020年2月28日 11:02

『モニタリング』‟ロケ場所”に疑問の声「感染騒ぎあったとこだよね?」

『モニタリング』‟ロケ場所”に疑問の声「感染騒ぎあったとこだよね?」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

2月27日放送の『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(TBS系)は、新型コロナウイルスの感染が広がった可能性を指摘されている「さっぽろ雪まつり」会場内でのロケを放映した。視聴者は感染者が作業していた場所とロケ用に借り切った場所が近過ぎると指摘し「放送していいの?」と驚いている。

この日放送したのは、一般人に物々交換してもらい、徐々に物品のクオリティーを上げていく「わらしべ企画」。洗面器を雪まつり会場に放置。「(置いてあるものと比べて)少しだけ良い物と物々交換して下さい!」とメッセージを残し、一般人が何と交換していくのか確かめることにした。

一般人は洗面器を入浴剤、ホッカイロ、バインダー、ポーチ、スマートフォンケース、折りたたみ傘、スマートフォン三脚などに次々と交換。最後はネックウオーマーにグレードアップした。番組では物々交換した一般人を追い掛けてインタビューし、取り替えた動機を聞き出していた。

■ 感染場所に程近いところでロケ

さっぽろ雪まつりといえば、新型コロナウイルスの感染が起こったとして話題になっているが、このうち会場スタッフが感染したとされる場所は大通2丁目会場 。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.