くらし情報『『モニタリング』の‟定番ドッキリ”に冷めた声…「着ぐるみ感満載の雪男」』

2020年3月6日 11:01

『モニタリング』の‟定番ドッキリ”に冷めた声…「着ぐるみ感満載の雪男」

『モニタリング』の‟定番ドッキリ”に冷めた声…「着ぐるみ感満載の雪男」

(C)Cookie Studio / Shutterstock

3月5日に放送された『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(TBS系)で、『FUJIWARA』の原西孝幸らが雪男に扮し、スキー場の来場客にドッキリを仕掛けた。あわてふためく一般客の姿が放送されたが、視聴者はとある行動を見て「事前に雪男の正体を知っていたのでは?」「ヤラセ?」と疑っている。

番組では、「スキー場に謎の雪男が出る」との情報を流し、来場者に原西扮する雪男と遭遇させるドッキリを仕掛けた。2日目のロケでは『ティモンディ』の高岸宏行も加わった。

1組目のドッキリでは、一般人2人のうち1人が仕掛け人に。ベンチでくつろぐ2人のもとをテレビクルーが訪れ、アナウンサーが「雪男がいる」とリポートして雪男の情報を信じ込ませた。テレビクルーは2人にインタビューも敢行。「もしも見掛けたらどう思う?」と聞くと、ターゲットは「怖くて逃げれない」と笑顔を見せながらも怖がった。

■ 雪男がスノーモービルに乗って登場する場面も…

仕掛け人は原西が待つ山頂へ。吹雪の中で雪男を見掛けるとターゲットは「怖い、怖い」「ここで死ぬわ、人生の終わりや」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.