くらし情報『佐藤健、阿部寛… CDデビューが“黒歴史”と化したイケメン俳優たち』

2020年3月8日 10:31

佐藤健、阿部寛… CDデビューが“黒歴史”と化したイケメン俳優たち

佐藤健、阿部寛… CDデビューが“黒歴史”と化したイケメン俳優たち


現在放送中のドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)に出演し、世の女性たちを虜にしている佐藤健。主演映画はことごとくヒットし、地上波ドラマも絶好調という、まさに敵なしの佐藤だが、彼には恥ずかしい〝黒歴史〟があるという。

「実は佐藤は、CDデビューしていた過去があるのです。俳優デビュー作である2006年の深夜ドラマ『プリンセス・プリンセスD』(テレビ朝日系)で演じたキャラになりきり、キャラクターソングをリリースしています。しかも同作は〝ボーイズラブ〟だったことから、佐藤はゴスロリ女装をしたり、男優とキスを交わすなど、今では考えられないことばかり。CDデビューも併せて、作品まるごと佐藤の黒歴史になっていると言っていいでしょう」(芸能記者)

■ 爆速で有名な阿部公式サイトにも記載なし…

佐藤以外にも、意外な人がCDデビューした過去がある。

「オダギリジョーはその1人。しかも役でやらされた佐藤と違って、ノリノリで歌ったといいます。00年に、シングル『“t”』をリリースし、少し間が空いた06年に2枚のアルバムをリリース。低音ボイスで一部ファンを魅了しました」(同・記者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.