くらし情報『観覧客ゼロの『ヒルナンデス!』オードリー春日に“まさか”の出来事』

2020年3月15日 10:32

観覧客ゼロの『ヒルナンデス!』オードリー春日に“まさか”の出来事

観覧客ゼロの『ヒルナンデス!』オードリー春日に“まさか”の出来事

(C)FGC / Shutterstock

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、観覧客を入れず、出演者・スタッフのみで放送されているここ最近の各テレビ番組。拍手や歓声がなく元気のない印象にもなってしまっているが、一方で思わぬ効果も生んでいるようだ。

従来は観覧客を入れていた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)も、最近は上記の措置により無観客で放送中。3月11日のオンエアも観客ナシで届けられたが、出演者は動じることなくいつもの調子で番組を進行していく。この日、最初に放送されたのは水曜の看板企画「ハンドメイド主婦に弟子入り」のコーナー。スポンジのような感触で人気の素材・スクイーズを使った製作に、『オードリー』の2人とタレントの松本明子、女優の伊藤修子が挑んだ。

春日はガンマイクを製作したのだが、黒とグレーの地味な作品にスタジオは苦笑い。フリマアプリで売れたかどうかを発表する場面でも一同からイジられまくり、『和牛』川西からは「思いついたときの顔バリきしょかった」と毒づかれてしまった。

春日は前に出て「顔関係ないだろ!」と叫び、続いて若林が春日の両親の名前で呼ぶボケをすると「親の名前はいいんだよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.