くらし情報『浜崎あゆみドラマ『M』田中みな実の出演決定で“茶番”確定!?』

2020年3月23日 10:32

浜崎あゆみドラマ『M』田中みな実の出演決定で“茶番”確定!?

田中みな実

(C)まいじつ

フリーアナウンサーの田中みな実が、歌手・浜崎あゆみの半生を描いた4月スタートの新ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)へ出演することが分かった。原作にない〝眼帯メンヘラ秘書〟という役柄について、ネット上では「茶番確定」などと呆れる声が多く上がっている。

同作は、歌姫・浜崎が誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れをもとにして書いた同名のフィクション小説が原作。鈴木おさむ氏が脚本を手掛け、アユ役を歌手の安斉かれん、レコード会社『A VICTORY』のカリスマプロデューサー・マサ役を三浦翔平が演じる。

田中の役どころは、眼帯姿の謎めいたマサの秘書・姫野礼香。マサを愛するあまり暴走し、あの手この手で姑息にアユをいじめるという〝メンヘラ〟な面を持った役を務める。

田中は役柄について、公式サイトで《台詞は普通に生活していたらまず口にしないようなことばかり》と明かし、《こんなに意地悪な役は初めて…。新たな自分を発見できたら面白いなと思っています》と、意気込みを語っていた。

「深夜帯ながら、既に大きな注目を集める同ドラマ。ネット上では、モデルとなった実在の人物と俳優陣との乖離が話題になっているようで、《マサ役は芸人のモンキッキー、アユ役はものまねタレントのりんごちゃんがいいと思う》といった揶揄の声が飛び交っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.