くらし情報『明石家さんまに逆恨み! 若手芸人の暴言に「謝罪すべき」批判殺到』

2020年3月30日 17:30

明石家さんまに逆恨み! 若手芸人の暴言に「謝罪すべき」批判殺到

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

3月28日放送の『お笑い向上委員会』(フジテレビ系)に、先日の『R-1ぐらんぷり』で惜しくも優勝を逃したワタリ119が出演。「R-1」敗退の原因を先輩芸人や「向上委員会」のせいにする発言を続け、視聴者から批判が続出した。

ワタリは「R-1」優勝歴のあるアキラ100%、ハリウッドザコシショウとともに〝向上芸人〟としてゲスト出演。また、今回の放送は「R-1」直前に収録されたもので、話題も必然的に「R-1」に関するものが多くなった。

しかし、ワタリは「R-1」出場を控えた緊張により、登場からパニック状態。前回出演時、MCの明石家さんまから「(コロナウイルスの影響で無観客だから)ワタリの優勝はナシ!」と予想されたことを根に持っているようで、険しい顔でさんまに詰め寄る。この日は「R-1」審査員の陣内智則も出演していたため、「陣内さんの前では(ネガティブなことを)絶対言わないでください!」「(さんまの発言に惑わされて)公平な審査しなくなるから!」と必死なワタリ。番組中は終始にわたって大声や涙目でい続け、「R-1」に必死なあまり周りを見失っている様子だった。

■ 敗退をすべて先輩と向上委員会のせいに

その後は「R-1」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.