くらし情報『比嘉愛未“骨浮き出る足”に恐怖の声…「水かきみたい」「足先が長過ぎる」』

2020年4月1日 07:30

比嘉愛未“骨浮き出る足”に恐怖の声…「水かきみたい」「足先が長過ぎる」

比嘉愛未

(C)まいじつ

女優の比嘉愛未が3月29日、自身のインスタグラムを更新。シースルーワンピースを着用したエレガントな姿を公開したのだが、その〝足〟に恐れおののく声が相次いでいるようだ。

話題の今クールドラマ『ケイジとケンジ所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)では、俳優・桐谷健太の妹で、東出昌大の同僚かつ思いを寄せられる敏腕検察役を演じた比嘉。4月からの新ドラマ『レンタルなんもしない人』(テレビ東京系)では一転、夫〝レンタルさん〟の活動を温かく見守る妻役を務めるなど、幅広い役柄をこなす演技力が評価されている。

そんな比嘉は29日、自身のインスタにてアイボリー系のシースルードレスを着用した写真をアップ。足の指先がチラ見えする浅いカットのパンプスを着用しており、女性らしいスタイルとなっている。コメントでは《春が来たかと思えば雪…お家から出られないと塞ぎ込むより、雪が舞うのを窓から眺めるのもなんだかいいね》と東京の外出自粛要請と積雪に触れ、《冷静に安静に》と呼び掛けた。

View this post on Instagram

春が来たかと思えば雪…❄️ お家から出られないと塞ぎ込むより、雪が舞うのを窓から眺めるのもなんだかいいね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.