くらし情報『『ヒルナンデス』ファッション企画にまた批判…「言い掛かりだ!」』

2020年4月3日 10:32

『ヒルナンデス』ファッション企画にまた批判…「言い掛かりだ!」

植松晃士

(C)まいじつ

藤田ニコルの「ファッションレスキュー」や、オネエ系ファッションコーディネーター・植松晃士氏の「格安コーデバトル」など、ファッション企画を放送すると何かと物議を醸しがちな『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)。もはやおなじみと化しているこの光景が、3月31日の放送でも繰り広げられてしまった。

この日は「格安コーデバトル」が放送され、チャレンジャーには山田邦子と平野ノラが参戦。アドバイス役の助っ人には滝沢カレンと倉本康子が加わり、「ダンナ様と那須高原で牧場デート」をテーマにショッピングモールで服を選んでいく。

平野・倉本ペアはミントグリーンの爽やかなトップスを選び、ボトムスにも淡い色に合わせた白いワイドパンツをチョイス。一方の山田・滝沢ペアはカラフルなトップスに地味目のボトムスを合わせ、靴は金のラメというド派手なパンプスを合わせたメリハリコーデで、見事に勝利を収めた。

コーディネート中には、恒例の買い物客ファッションチェックが行われ、まずは23歳の女性を「モテ」「ちょいモテ」「ちょいブス」「おブス」の4段階からジャッジ。植松氏は「おブスファッションです!」と最低評価で一刀両断し、さらに「大きめのトップスに、スッとしたボトムで帽子…マイケル・ジャクソンみたい(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.