くらし情報『「明石家さんまは死刑レベル」“後輩芸人”の暴言に批判続出!』

2020年4月6日 17:30

「明石家さんまは死刑レベル」“後輩芸人”の暴言に批判続出!

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

お笑い芸人のワタリ119が、4月4日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演。先週に引き続き、『R-1ぐらんぷり』敗退の逆恨みを先輩芸人にぶつけ続け、またも視聴者から批判が殺到した。

前回の放送にて、「R-1」敗退の原因は、審査員の陣内智則、応援コメントを寄せた『ネプチューン』堀内健、同番組で「ワタリの優勝はなし」と予想したMCの明石家さんまにあるとかみついたワタリ。3人が出演する「向上委員会」そのものも「(自身にとって)マイナスプロモーションでしかない」と吐き捨てていたが、その怒りは今回も収まらず、番組へ「陣内さんをクビにしませんか?」という個人的な恨みを投げかけた。

ワタリは「僕はあの日、本気で優勝するつもりだったんですよ」と声を荒げたが、芸人たちからは「それは他の芸人もみんなそうだよ」と冷静なツッコミが。陣内も「いやオレかて優勝させたかったよ」と訴えたが、ワタリは「じゃあ何で入れなかったんですか!?」と自身に1票も入れなかった陣内に怒りながら詰め寄る。

これを受けた陣内は冷静にネタを解説し、なぜ票を入れなかったかをお笑い評論的にコメント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.