くらし情報『宮本亞門“上を向いてプロジェクト”に大ブーイング「センスないなぁ」』

2020年4月19日 17:32

宮本亞門“上を向いてプロジェクト”に大ブーイング「センスないなぁ」

宮本亞門

(C)まいじつ

演出家の宮本亞門氏が立ち上げた『上を向いて~SING FOR HOPE プロジェクト』の動画が、4月14日に公開された。

動画は『春~Spring』『夏~Summer』『秋~Autumn』の3本立てで、一般公募で集まった600人の合唱に加え、『乃木坂46』の生田絵梨花、歌舞伎俳優の尾上松也、フィギュアスケーターの荒川静香、歌手の西川貴教、映画コメンテーターのLiLiCo、俳優の小池徹平、市村正親、大竹しのぶら、多くの芸能人が参加している。

「坂本九さんの『上を向いて歩こう』は、日本人なら誰もが聴いたことがある名曲。今回、宮本氏がこの曲を選んだのは、前立腺がんの手術を受けた際に勇気をもらったからだそうで、『こんなときだからこそ、人類が生み出した根源的表現の歌やダンスが、お互いを励まし、勇気づけるからです!』と、発起人になった思いを明かしています。東日本大震災の際には、震災支援プロジェクトとして『花は咲く』がテーマソングとなりましたが、今回も同じような効果を狙ったのでしょう」(芸能記者)

同プロジェクトに、ネット上では、

《こういうときこそ、元気になる曲がありがたいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.