くらし情報『浜崎あゆみ『M 愛すべき』開始5秒で“伝説級クソドラマ確定”「ヤバイwww」』

2020年4月20日 19:00

浜崎あゆみ『M 愛すべき』開始5秒で“伝説級クソドラマ確定”「ヤバイwww」

M 愛すべき人がいて

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月18日より、シンガーソングライターの安斉かれんと俳優の三浦翔平がダブル主演を務めるドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の放送がスタート。〝期待を裏切らない〟トンデモな作品だったとどよめきが起こっている。

同作は、歌姫・浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを描いた話題作『M 愛すべき人がいて』の実写ドラマ。激動の音楽業界を駆け抜けるアユ(安斉)とマサ(三浦)、2人の愛や葛藤を描く物語を、脚本家・鈴木おさむ氏が手掛けている。

「冒頭からツッコミどころが満載でした。まず、アユを演じる安斉の演技が棒過ぎる。本業ではないということを加味しても、あまりにもお粗末。また、浜崎の声を少し真似しているのか、〝独特の鼻声〟はコントのよう。さらに河北麻友子がアユのマネジャー役として登場したのですが、河北も棒演技として有名なので、初っ端から〝棒×棒〟のコラボとなっていました」(テレビ雑誌編集者)

ネット上ではドラマ開始数秒で、

《もうヤバイwww》
《どっちも演技ひでー》
《早速笑いが止まらないwww服だせえええ》
《第一声から笑かしにきたwww》

など大いに沸いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.