くらし情報『浜崎あゆみ『M 愛すべき』やりたい放題の第2話「アユ本人に失礼だろwww」』

2020年4月27日 19:00

浜崎あゆみ『M 愛すべき』やりたい放題の第2話「アユ本人に失礼だろwww」

M 愛すべき人がいて

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月25日、シンガーソングライターの安斉かれんと俳優の三浦翔平がダブル主演を務めるドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の第2話が放送された。ますます拍車が掛かる〝クソドラマ化〟に、ネット上では「浜崎あゆみ本人はブチギレてもいいw」などと話題になっているようだ。

同作は、歌姫・浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを描いた話題の小説『M 愛すべき人がいて』の実写ドラマ。激動の音楽業界を駆け抜けるアユ(安斉)とマサ(三浦)、2人の愛や葛藤を描く物語を、脚本家・鈴木おさむ氏が手掛けている。

「第1話から、ワザとかと思うほどの安斉の棒過ぎる演技と、クサイ台詞&演出のオンパレードですっかり〝ネタ〟と認定された同ドラマ。第2話ではさらにやりたい放題となっていました」(テレビ雑誌ライター)

第2話は、マサの指示を受けてアユが3カ月間ニューヨークでレッスン。鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)にバケツの水をぶっかけられるといった古典的な展開が続いた。

しかし、何やかんやでアユは猛烈に成長。帰国後にガールズグループのメンバー候補たちが集う合宿に参加すると、修行の成果をしっかり発揮していく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.