くらし情報『放送事故!?『ホンマでっか』下ネタ連発のリモート収録に視聴者仰天!』

2020年4月30日 11:05

放送事故!?『ホンマでっか』下ネタ連発のリモート収録に視聴者仰天!

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

4月29日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で「放送事故が起こった」と話題になっている。リモート出演した専門家が下ネタを連発し、股間がアップになる場面もあった。

同番組はこの日から専門家らがリモート出演する形式に。明石家さんまと心理評論家の植木理恵氏だけがスタジオに現れ、評論家7人と加藤綾子、『ブラックマヨネーズ』の2人と回線をつないだ。

肥満治療評論家として、福岡から出演した医師の工藤孝文氏は、病院勤めで約1カ月家族と離れ、病院の2階で暮らしているという。寂しいのではないかと心配するさんまに対し、「男性の一人暮らしを楽しんでる部分もあるんですけど」と口に。「男で一人暮らしをしてると魔が差す部分もありますね」と〝下半身事情〟を明かすと、「何を発表してるの!」とさんまらはツッコミを入れた。

■ さんまも呆れ「アホちゃうか…」

「今はいろいろ、デジタルやVRとかがありますので、そちらでうまくバランスを取って…」と、なおも下ネタとも取れる言葉を口にすると、「あんた、この画面で何を語ってるの!アホちゃうか…」と嘆いていた。

骨格筋評論家として出演した、柔道日本男子チームの体力強化部長の岡田隆氏は回線が悪く、音声が途切れ途切れになる中で「スーパーの行き帰りにできる筋トレ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.