くらし情報『『とくダネ!』打ち切り一転継続!? 今秋終了が覆った裏事情とは…』

2020年5月4日 19:00

『とくダネ!』打ち切り一転継続!? 今秋終了が覆った裏事情とは…

小倉智昭

(C)まいじつ

昨年10月発売の『週刊文春』により、今年秋での番組終了が報じられた『とくダネ!』(フジテレビ系)。しかし、さまざまな要因が重なったことで、一転して〝番組継続〟が決まったという。

当時の「文春」によれば、「とくダネ!」は今年秋で放送終了。新番組のメインキャスターには、前月にフジテレビを退社しフリーとなった笠井信輔が就任予定だとされていた。フジ退社後の笠井が小倉と同じ事務所に所属したのも、こうした〝禅譲〟のためだったという。

「ここ数年、自身の衰えを感じた小倉さんは〝生涯現役〟というモットーを捨て、花道を作って隠居に入る筋道を立てていたそうです。その〝後継者〟に指名されたのが笠井。フジ退社の際も、小倉さんが強く誘い入れたことで事務所入りが実現したそうです」(芸能記者)

また、番組は笠井の退社と同じタイミングで大幅リニューアルをしており、ここにも小倉の意向が強く反映されていたという。

「昨年秋の改編時、小倉さんは編成とも話し合った上で、カズレーザーと社会学者の古市憲寿氏をスペシャルキャスターに就任させます。この〝ご指名〟は次期番組を見据えたもので、小倉さんは、キレ味鋭いインテリ芸人と忖度しない社会学者というタッグが、メインキャスターの笠井を支える体制を思い描いていたそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.